@動画 > 仕事・生活 > 社会保障費を抑制するために「在宅介護」を推し進めようとする国策が招いた介護保険制度の矛盾/NHKスペシャル「調査報告 介護危機 急増“無届け介護ハウス”」

社会保障費を抑制するために「在宅介護」を推し進めようとする国策が招いた介護保険制度の矛盾/NHKスペシャル「調査報告 介護危機 急増“無届け介護ハウス”」

2015年12月6日に放送された、NHKスペシャル「調査報告 介護危機 急増“無届け介護ハウス”」を紹介します。

(所要時間:約49分)

この動画を大きい画面で見る

動画の内容
介護保険制度の矛盾

法律で定められた行政への届け出を行っていない“無届け介護ハウス”が、全国で急速に拡大している。

背景にあるのが、正規の老人ホームに入れず、家族による介護も受けられない高齢者の急増だ。

比較的収入が少なくても入所できる「特別養護老人ホーム」(特養)は、52万人が入所待ちの上、今春には、入所条件が要介護3以上に限定され、入所はさらに難しくなった。

一方、病院は患者の7割以上を“在宅”に帰さなければ、診療報酬が加算されないため、次々と高齢者を退院させる。

社会保障費を抑制しようと「在宅介護」を推し進めようとする国の政策が、皮肉にも、行き場のない高齢者を急増させ、 本来国が認めていない“無届介護ハウス”へと高齢者をいざなう事態となっているのだ。

国の想定をはるかに上回る速度で、介護が必要な高齢者が増え続ける中、制度と現実の狭間に取り残される高齢者の姿と、その隙間を埋めるべく急速に拡大する“無届け介護ハウス”を描き、介護保険制度の矛盾を浮き彫りにする。

引用元:NHKスペシャル

@動画 > 仕事・生活 > 社会保障費を抑制するために「在宅介護」を推し進めようとする国策が招いた介護保険制度の矛盾/NHKスペシャル「調査報告 介護危機 急増“無届け介護ハウス”」

▲このページの先頭へ